日本パデルアカデミー

テニスとスカッシュのハイブリットスポーツ、パデル。 パデルは40年ほど前にスペインで生まれたスポーツで、欧州や南米を中心に親しまれており、本場スペインではテニス人口を上回る競技人口をもつ人気スポーツとなっています。 「パデルが上手になりたい」という方のお役に立てれば幸いです。

タグ:ボール

パデル 壁 打ち方

以前は私もそうであったが、日本人というのは往々にして「基本」が好きである。

もうちょっと具体的に言うと、「基本の打ち方」というものが好きである。

テニスでもゴルフでも、「基本の正しいフォーム」をしっかり覚えてからコースに出よう、試合に出ようと考える。

多くの人が、「ちゃんとしたフォームで打てるようになってから」と考えるのだ。

しっかり練習を積んで本番に備える、この考え方はとてもよく分かる。

「みっともないフォームで試合に出るのは恥ずかしい」
「負けたら恥ずかしい」

というのもよく分かるが、以前も書いた通り負けないと自分に何が足りないかが分からないので、一定の練習を積んだらやはり試合に出るほうがその後の練習の目的が明確になる。

みっともないフォームで試合出るなんて・・と考え、「基本の(綺麗な)打ち方」が身につくまで試合に出ない人は多い。

フィギュアスケートのようにフォームが得点の対象になるスポーツであれば分かるが、パデルやテニスはフォームの綺麗・汚いは得点とは全く関係がない。(再現性や効率、身体的負担の有無などは関係がある)

打ち方が汚くても得点が取れるし、綺麗でも得点が取れないこともある。

最近強く思うのは、フォームというのは「そうする」ものではなく、「そうなる」ものだということ。

フォームありきなのではなく、勝とうと思ったらこのフォームに「なっていった」というほうが正しいのではないか。

「つまらない日々の練習に耐えて、発表会で良い演技をする」

「発表会で良い演技をするにはどんな練習したらいいかなぁ」

後者のほうが過程が楽しいような気がする。

私はスポーツとは本来「ゲームを楽しむ」ために行なうものだと思っている。

だからまずはゲームを楽しんで欲しい。

そしてもっと奥の深い「楽しさ」を味わうために技術の向上に励んで欲しい。

パデル 壁 試合


仕事をする際、多くのビジネスパーソンは「効率」や「合理性」などを考慮して日々の業務に取り組んでいる人がほとんどだと思う。

自分は何もせず周りの人が動いてくれるのを待ったり、事態が好転するのをただ待っているという人もいるにはいるかもしれないが、ほとんどの人はより良くするために日々働いているはずだ。

もしかするとこの逆で、ごく一部の人だけが前を向いて働いていて、ほとんどの人が現状維持を望んでいるかもしないが。。

確かに自分は何もせずとも、自分や自分の会社が良い方向に向かうのは楽であるし、実際問題こういったことが起こることもなくはない。

うまく世の中の流れに乗ったり、世間とのニーズが合致したりすると、驚くほど簡単に業績が上がることもある。

こういったことはスポーツ(が上達するということ)にも当てはまるだろうか。

残念ながらスポーツではこういったことは起こらない。

(※短期的に見れば相手の調子が相当悪ければ自分は何の努力もせずに勝てる可能性もあるが、テニスやパデルのように年間を通してランキングを決めるようなスポーツでは結局実力通りの結果になる。また、これといった努力はしないが才能に満ち溢れている選手と戦った場合、こちらの努力量に関係なくあっさり負けるということもある。この辺はスポーツはある意味残酷である。個人的にはスポーツよりビジネスのほうが努力が報われる可能性が高いと思っている。ビジネスでも同様なのかもしれないが、スポーツでは「自分に合っているもの(競技)」を見つけることがより大事なのではないかと最近強く思っている)

スポーツ選手もビジネス同様、日々の練習に取り組む際やはり「効率」や「合理性」というのは当然考える。

というより、ビジネスパーソンに比べ「現役生活」に明らかに限りがあるスポーツ選手のほうがこういったことはより真剣に考えなければいけない。

より「無駄な努力」をしないで済むようにしなければいけない。

とはいうものの、これが行き過ぎるとどうなるか。

努力するのが怖くなるのである。

結果が出なかったときのことを考えて、自分の時間やエネルギーを練習に充てがうのを躊躇してしまう。

なので普段の生活の中で「練習」の優先順位がだいぶ低い人がほとんどだ。

ここから多くの人が抜け出せないのは、この選択をすること自体が自分を守ることにもなるからだ。

アフター5に飲みに行くことも我慢し練習、週末はよほどの予定がない限り練習という選択をしたにもかかわらず、試合では予選一回戦敗退では格好がつかないと思ってしまうからだ。

普段から飲み歩いて、練習は本当に暇な時だけ。

それで本戦入りするほうがカッコいいように思えてしまう。。


かなり前置きが長くなったが、今回は「努力と効果」について考えてみたい。

仕事もスポーツも「最小の努力で最大の効果」を上げるのが理想である。

逆に「最大の努力で最小の効果」という結果はなるべく避けたい。

人は往々にして「最小の努力で最大の効果」を上げた、と他人に思われたい。

実際は「最大の努力で最大の結果」を得たとしても、他人にはそう思われたくない。

学生時代、

「お前勉強した?」

と聞くと、

「全然やってねー。やベーよ」

とこちらを油断させたところで、いざ答案用紙が返ってくるとものすごい高得点取ってるイヤな奴、クラスに必ず1人はいましたよね。

あれの裏側には、

「全然勉強してないのに高得点取れちゃう俺」

という自分を周りに見せたいわけですね。
 
いわゆる「天才」と思われたいわけです。

「お前勉強した?」

「うん、超勉強した」

これで高得点取っても周りからは、

「そりゃそうでしょ」

と思われるだけで、これでは天才と捉えてもらえません。

これは日本人に限ってなのかどうかは分かりませんが、多くの人はなるべく自分の努力を隠そうとします。

極論ですが、「たくさんやってるから上手い人」は良しとされず、

「本当に全然やっていないのに上手い人」

と、

「本当はたくさんやっているから上手いんだけど、周りには“全然やってないのに上手い人”と思われてる人」

だけが認められるかのような風潮があります。

例えばテストで猛勉強した人が85点取った、ほとんど勉強しなかった人が80点取ったと聞くと、80点の人のほうを「すごいね」、85点の人のほうを「そんなに勉強したのに?」とか、「勉強の仕方が悪かったんじゃないの?」というような考えが頭を過ぎったりしますよね。

この風潮はスポーツでもよくあります。

というより、勉強よりスポーツのほうが努力と結果が結び付きにくいため、スポーツ界ではこういった声はよく聞きます。

「やり過ぎやり過ぎ。やりゃあいいってもんじゃないんだから」

努力してる人に対してこういった発言する人よくいます。

私も経験ありますが、これを言われると正直とても葛藤します。

心の中に様々な感情が生まれます。

「確かに」と思うこともあれば、意固地になってより練習してしまうこともありました。

でもあるときから、

「残念ながら自分は努力しなくても上手にプレー出来る天才ではないようだ。ということは練習しないでこれ以上上手くなることは不可能だ。ただ、練習したからといって今後上手くなるとは限らない。でも練習しないと上手くなれないことはこれまでの経験で分かっているのだから、結局はやるしかない」

と素直に思うことが出来、自分の努力量やその結果に対して恥ずかしさを覚えなくなりました。

そうは言っても・・と思っているあなた。

私の言葉や体験談では踏ん切りがつかないというあなた。

そんなあなたに鴨川会長の言葉を贈ります。


パデル テニス スカッシュ スペイン


パデルを「真剣にたくさん練習すること」が恥ずかしいあなた。

「小言にこだわるには人生はあまりにも短い」

ですよ。

パデル 壁 打ち方 試合

「メンタルが弱い」
「気持ちで勝った」

この言葉は今やスポーツ以外の場面でもよく使われるようになりましたし、プロスポーツの世界でもよく使われます。

 ですがセミプロレベル、ましてや一般愛好家レベルではこれが理由で負けることはほとんどありません。

なぜか。

スポーツではよく「心技体」が大事と言います。

私はこれに「頭」も足して、「心技体頭」が大事だと思っているのですが、順番はこの通りではなく「頭技体心」。

これはちょっと考えれば分かる。

例えばパデルを見たこともやったこともない錦織選手とパデルで対戦したとしても、良い勝負もしくは勝てると思いませんか。

壁も使えない(と仮定して)、戦術も知らないとしたら、いくらグランドスラムファイナリストになるぐらいのメンタルの持ち主でもパデル経験者には勝てないでしょう。

もちろん、錦織選手が本気になれば上達度は半端ではないでしょうが(笑)

となると、まずそのスポーツを上手にプレーするうえで必要な「技術」があること。

そしてそれをどう使うと勝てそうかを「頭」で知っていること。

ここまでで差がつかない場合に、どちらがその二つを高いレベルで維持しながらプレー出来るかという「体」が出てきます。

疲れてくると、どうプレーすればいいかという「考える力」も無くなっていくからです。

ここでも差がつかない場合にやっと、自分をどれだけ信じてプレー出来るかという「心」が出てきます。

プロの世界では「出来ないこと(打てない技術)」があるということは、「出来ないプレー(戦術)」があるということであり、出来ないプレーがあるということは、そのままそこが「弱点」となり、プロレベルではまず間違いなくそこを突かれる。

だから出来ないことがない、出来ないプレーがないというのがプロの世界では大前提。

だが一般レベルでは出来ないことがたくさんある人がほとんどである。

例えばパデルの場合、フォアハンドのグリップが厚いため「強くは打てるがロブが打ちづらい」という人がいたとする。

相手がそこに気づかなければいい勝負となるが、もし相手がそれに気づいた場合勝敗は明らかである(こういったことに気づけるというのも「頭」が関係している)。

もし私がこの厚いグリップの人の立場だったら、まずはグリップを薄く握ってロブが打てるよう努力する(ここでも自分の弱点に気づけるという「頭」が出てくる)のだが、わりと多くの人はここで敗因を、

「俺メンタル弱いなー」

とか、

「中途半端にロブで逃げたりなんかしないで、もっと強気で打って攻めたほうがいいな」

といったことに見出そうとします。

もちろんこう考えてメンタルの強化に励むこと自体は否定はしませんし、無駄ということはないと思います。

ですがここでよく考えてほしいのは、いくらメンタルの強化をしても「(グリップが厚いため)ロブが打ちづらい」という事実は何も変わっていないということです。

強い人というのはこういった部分を見逃しません。

「あの選手はグリップが厚いためロブが打てない。ロブが打てないということは守備が出来ない。守備が出来ないということは、、、」

と考え、「こういったプレーをすれば勝てる」というのを見つけ出します。

個人的には、こういった「目に見えない(精神的な)パワーバランス」で優位に立つほうがよっぽど簡単と思います。

しかもこういった感覚というのはなぜか不思議と相手に伝わります。

「蛇に睨まれたカエル」といった感じでしょうか。

ですのでまずは技術を高めること、そしてそれを有効に使う方法を知ること。

プロのように一週間通して試合を行なわなければいけないとか、ランキングを上げないと賞金やスポンサー収入が減ってしまうというプレッシャーの中で戦わなければいけない一般プレーヤーはおそらくいないでしょうから、体作りやプレッシャーに打ち勝つためのメンタル強化よりもっと先にやるべきことがあります。


・・・これでは答えになっていませんね。

私が思う一番手っ取り早いメンタルの鍛え方は「自分にウソをつかないこと」です。

「今置かれている環境の中では出来る限りの練習はした」と自分で思えれば、試合中緊張することはないでしょう。(緊張しないことと勝敗は別問題です)

「練習したことを試してみたい」という気持ちが生まれるからです。

 ですが練習する時間もあり、その環境もあるのにあまり練習しなかったとしたら緊張します。

なぜなら、「やれたのやらなかった自分」を自分自身が分かっているからです。

そして試合前に、「あんま練習しなかったけど大丈夫かなぁ」という不安が生まれます。

こればかりは自分が分かっているからどうしようもない。

本当に練習していないのに本気で自信満々で試合に臨めるメンタル強化の方法があれば私が教えて欲しいぐらいです。

「パデルしたいけど遠いし面倒くさいなぁ」

「パデルしたいけどテニスもしたいなぁ」

「パデルしたかったけど昨日飲み過ぎて動けないや」

「パデルしたかったけど今月遊び過ぎてお金ないや」

こういった場面でどんな選択をしているか。

特別なメンタルトレーニングなどしなくとも、こういったことを積み重ねていくほうがよっぽど自信がつくと個人的には思っています。
 

このページのトップヘ