日本パデルアカデミー

テニスとスカッシュのハイブリットスポーツ、パデル。 パデルは40年ほど前にスペインで生まれたスポーツで、欧州や南米を中心に親しまれており、本場スペインではテニス人口を上回る競技人口をもつ人気スポーツとなっています。 「パデルが上手になりたい」という方のお役に立てれば幸いです。

タグ:ラケット

パデル テニス スカッシュ スペイン 虎の巻
パデル虎の巻、完成しました。

副題を「オジサンでも3年で日本一になれる方法」としたので、内容をだいぶ加筆・修正しました。

スポーツで上達を望む際、目に見えるもの・目に見えないものどちらも大事ですが、今回は目に見える部分より「目に見えない部分」にボリュームを割きました。

同じ練習内容、同じ練習時間なのに強い人と弱い人がいる、これはまさに目に見えない部分の差です。

紙媒体では目に見える部分を伝えるのは限界があるので、目に見える部分を知りたい方はコートでお待ちしています。


まだまだ書き足りない部分があるので、今後もこの虎の巻加筆していきたいと思います。

今回はクラウドファンディングのリターンという形でしたが、加筆していつかパデルの本として完成させたい気持ちになりました。

そしてこのリターンのおかげで分自身のパデルの知識を再確認する良い機会になりました。

ということで支援していただいた皆様には二つの意味で感謝しております。

改めてご支援ありがとうございました。

パデル テニス スカッシュ 大井町 スポル
先週の土曜日、「パデル&フットサル 晴れのち晴れ」にて、日本パデル協会としては初の女子パデル日本代表の公式練習が行われました。

パデル協会の副会長でもあり、女子日本代表の監督でもある玉井監督から「日本代表」としての心得を話していただき、私からも女子日本代表のコーチとして選手の皆さんに一言だけ述べさせていただきました。

一方私は男子の代表の一人でもあり、自分の言った言葉はそのまま自分に跳ね返ってきます。

「日の丸をつけて日本を代表してパデルをする」ということが、どれだけの責任とチャンスがあるかということなど、去年生まれて初めて日本代表に選出されるまで考えもしませんでした。
パデル テニス スカッシュ 大井町 スポル
今回、男女共に今年初めて日本代表に選出された選手も少なくなく、そういった選手の方々はおそらくまだあまり実感はないかと思います。

ただ今日玉井監督がミーティングで話していた、「私たちはSAMURAI BLUEやなでしこジャパンと同じ立場にいます」という言葉で事の重大さに気づいた選手もいると思います。

プレーはもちろん、自身の一挙手一投足に対してハードルが一気に上がります。

出来て当たり前という目で見られ、加点方式ではなく減点方式で見られかねない。

「さすが日本代表!」と言われるのか、「日本代表なのに・・」と言われるのか。

今月末のアジアカップとNexusCup(FIP125)では、観戦に来てくださった方々に前者のセリフを言っていただけるような試合が出来るよう代表選手一同頑張りたいと思います。
パデル テニス スカッシュ 大井町 スポル
・・・とはいうものの、私たち(あえて私たちと書きます)男女日本代表選手はまだまだ経験に乏しく、何が正解なのかまだまだ完全に手探り状態です。

そんな中でもみんな自分なりに「パデル日本代表らしく」在ろうしています。

私個人のことで言えば、なんとかパデルは少しだけまともに出来るものの、いい年しているわりには人格や人柄がまったくそれに追いついてきません。

「パデルが出来るオジサン」が、急に「日本代表」という肩書きを持つ。

「パデルが出来るOL」が、急に「日本代表」という肩書を持つ。

「パデルが出来るサラリーマン」が、急に「日本代表」という肩書きを持つ。

こんなの高低さあり過ぎて耳キーンってなります。

私は今一生懸命人格や人柄という名の鞭を自分に入れていますが、まだまだ日本代表と呼ばれるに相応しいものとは程遠いところにあります。

他の選手も大なり小なり似たような状況かと推測します。
パデル テニス スカッシュ 大井町 スポル
ですので応援してくださる皆さんには、厳しさと温かさの両面を持ち合わせた、タプタプでおなじみ安西先生になったつもりで今月末千葉まで観戦に来ていただけたらと思います。

少しずつでも男女共に来年に向けて成長していきたいと思っています。

そして去年叶わなかった「男女でパデルワールドカップの本戦出場」という目標を来年果たしたいと思っています。


以上すべて私の独り言でした。

パデル テニス スカッシュ 大井町 スポル

先日この記事で学習には5段階のレベルがあると書きました。


おそらくこの5つの段階で一番悩むのが②と③。

②と③のステージにいる人からすると、④と①のステージにいる人のことが羨ましく感じることがある。(もちろん選手も指導者ももっと良くなろうとしたら悩みは尽きませんので、結局「隣の芝生は青く見える」ということでしかないのですが)


④にいる人のことを羨ましく感じるのはわかるとしても、なぜ①にいる人のことを羨ましく感じることがあるのか。

それは、今の自分にはない自由さ、のびのびさ、プレーする楽しさをそういった人から感じるからだ。

この②や③の壁にぶち当たると、

「こんなにいろんなこと考えながらやらないほうが上手くなるんじゃないかな」
「パデル始めた頃みたいに細かいことなんて考えないで、ただ楽しくやったほうがいいんじゃないのかな」


なんてことが頭の中に浮かんだりします。

ですが残念ながらこれでは上手になりません。(ここでの「上手になる」というのは、出来なかったことが出来るようになる、という意味)

①にいる人達は一見楽しそうにやっていて(実際に本人も楽しい)、しかも最初のうちは試合に勝てたりすることもあり、「あれ?もしかしたら超簡単かも」なんて思ったりすることもあるかもしれない。

でもこういった人は、「なぜ自分がミスするのか」「なぜ今ポイントが取れたのか」「なぜ今の試合に勝てたのか」といったことが分からない。

ビギナーズラックに近いものがあります。

パデル テニス スカッシュ 大井町 スポル
一方④にいる人達はそういった②や③の過程を過去に通って現在に至っています。

おそらく過去に、今②や③の段階で悩んでいる人と同じ経験をしているはず。

実際私もテニス時代にグリップで悩みに悩んでいた時期があり、悩み過ぎたストレスなのか、練習中全身に蕁麻疹が出て、一緒に練習していた後輩にそのまま病院に連れて行ってもらった経験もあります 笑

やめるのももったいない、かといって先も全然見えない。

私も何度もこのような思いをしました。

自暴自棄になり、スクールウォーズの最初の頃の大助にもなりかけました。

ではなぜそんな思いをしてまで練習するのか。
パデル テニス スカッシュ 大井町 スポル
それはそのほうが「楽しい」からです。

着せ替え人形で遊ぶとき、洋服やアイテムがたくさんあったほうが楽しいですよね。

それと同じで、ストロークしか出来ないより、レボテやドブレパレッドが出来たほうがより楽しい。

私はスポーツは、「より楽しむために、(練習で)悩み苦しむ」ものなのかなと感じます。

裸のリカちゃん人形だけ持っていても楽しくない。

風呂上がりのリカちゃん、という設定でしか遊べません。

このリカちゃんにはどんな洋服を着せると映えるんだろう?
デートのときの洋服は何にしよう?

なんて考えながら遊ぶのが楽しいはず。

まだまだ日本では「裸のパデル人形」ばかりです。

そこにレボテという名の洋服や、バンデッハという名のドレスを着せていきましょう。

そして着せ替え人形遊びに終わりがないように、パデルにも終わりがありません。


さあ貴方だけのパデル人形を作り上げていきましょう!




・・・最後のほう気持ち悪いなぁ 笑

このページのトップヘ