日本パデルアカデミー

「パデルが上手になりたい」という方のお役に立てれば幸いです。

タグ:ラケット

パデル テニス スカッシュ 大井町 スポル

11月3日に所沢フットサル&パデルコートで開催されていた「JPT 所沢大会 第3ステージ」で清立商工所属のAsier Gago Martinez選手と組んで、第1・2ステージに続き優勝することが出来ました。

これで彼と組んで通算9大会目の優勝、そして去年の10月から続く連続優勝は8大会目で、連続試合勝利数は30(通算34)となりました。

数字を意識するメリットもデメリットもありますが、今はメリットのほうを強く感じています。

Asierと組んで勝ち取った34の勝利という事実と経験は、私たちのチームにとても大きな自信を与えてくれています。

二人の力が上手く噛み合わさったことで得た勝利もあれば、噛み合わない中でも勝ち取った勝利もあります。

こういった経験を重ねていくことで見えてくることや気づくことの多さを実感していますが、一つはっきりしているのは私たちはもっともっと強くなれる可能性があるということ。

個人的には技術にも体力にも精神にも頭脳にもまだまだ改善の余地があり、「ここをこうしたい」「こうならないようにしたい」ことがいくつもあります。

いかに脳から「正しく指令するか」ということと、それを何回繰り返すかということなので、結局は研究と反復練習が欠かせないわけで、要はやるかやらないかだけなのですが。
パデル テニス スカッシュ 大井町 スポル
20代前半の若い選手が台頭してきているなか、相手と戦うだけでも大変なのですが、私は自分の身体とも戦わなければならない年齢になりつつあります。

ここ数大会ベストなコンディションで試合に臨めていません。

ケガしない身体作りが中長期的な課題です。

そのためにまずはファンタやコーラをやめ、いろはすにしようと思います。
パデル テニス スカッシュ 大井町 スポル
そして同じぐらい意識しようと思っているのが精神。

自分の思っているようにコントロールしたい。

これも日々の習慣で改善出来ると思っているので頑張りたい。


今後はランキングや大会で優勝することも多少は意識しますが、それよりも自分の目指すパデルがコート上で表現出来るよう努力していきたいと思います。
パデル テニス スカッシュ 大井町 スポル
そして今大会は女子が鈴木薫・鈴木智美ペアの初優勝で幕を閉じました。

二人は千葉を拠点にして練習しています。

おめでとうございます!


また今大会もJPTオープン大会初出場の選手もいました。

少しづつですが裾野が広がってきています。

この勢いのままパデルも私も2020年まで成長していきたいと思います。

待ってろ、Campeonato Mundial de Pádel 2020!
パデル テニス スカッシュ 大井町 スポル

最後になったけど、Asier gracias,¡Somos el equipo!


※本文中の写真は同大会に出場していた平野俊輔選手にお借りしました。ナイスな写真を撮ってもらいたい方は是非平野カメラマンまでお声がけください^^

パデル テニス スカッシュ 大井町 スポル

読書欲が止まりません。

アラフォー世代の私にはヨガでお腹をへっこますと言えば、鶴ちゃんではなくやはりヒクソンです。

初めてあれを見たときは衝撃を受けました。


本の帯に「大事なのは勝つことではなく、絶対に負けないこと」ありますが、文中にもヒクソンの父エリオ・グレイシーが息子ヒクソンに、「試合に勝ちたければ、まずは負けないことだ」と言っている場面があります。

昔からこの言葉遊びのようなセリフは耳にしてきましたが、今は実感を伴いつつ納得出来ます。

「次の試合は勝ちにいきます!」

と、

「次の試合は負けないように気をつけます」

どちらが耳障りがいいでしょう。

明らかに前者ですね。

でも隙があるように聞こえます。

そこを強い人は狙ってるんでしょう。


他にもたくさんヒントがありました。


「たとえ自信があってもプレッシャーはなくならない」

「目に見えない技術を知ることは、見えない何かを読み取ることとは違う。目に見えないほどの細かい違いを学ぶことだ」

「試合前、私は相手に対して自分をライオンの状態にする」

「柔術は理解してくると、どこでミスをしたかもわかるようになる。まるで肉体のチェス」


最後の柔術は肉体のチェスというのは興味深かった。

テニス時代、恩師に「テニスは脳の格闘技とも言われているんだよ」と教えてもらったことがあり、そこまで考えてやるものなんだと驚いた記憶がありますが、パデルもそれに近いものがあります。

格闘技ならノーガードで相手に突進していくのが危険なのは誰が見ても明らかですが、パデルになるとそれが分かりにくく、時々横でプレーしていて危な過ぎて思わず顔を覆いたくなるような場面に出くわします笑

パデル テニス スカッシュ スペイン ラケット

「守破離」という言葉をご存知ですか。

武道や伝統芸能などの世界でよく使われ、その「道」を極めようとするときの成長過程を示した概念で、


守・・・
 茶道や華道で言うところの“型”、囲碁や将棋で言うところの“定石(定跡)”。教えを忠実に守り、「基本」を覚える段階。

破・・・
「守」で身に付けた基本を自分の特性を踏まえて発展、洗練させていく応用の段階です。  長い時間をかけて身に付けた基本を自分に合うようにアレンジしてみたり、他の流派の基本を取り入れてみたりする。

離・・・
「守」「破」をさらに創意工夫し、自分独自のものを確立させる。その人独自のスタイルを作り上げる段階。


パデルに限らずスポーツの多くはこの「守」が一番ボリュームがあり、また深いように思います。

 この段階では指導者や基本に忠実な選手の「真似」をします。

学ぶは「真似ぶ」なので、毎日毎日練習して基礎となる「型」や「定石」をしっかり見聞きして学び、当たり前のことが当たり前に出来るようになるまで、膨大な時間とエネルギーを注ぎ込みます。  

この部分はまさしく言うは易し行うは難しです。

 目新しさはなく、単純な動作の繰り返しばかりなのでつまらない、すぐ飽きてしまう。

ここはスポーツ上達の際の最初の大きな壁です。

「破」は「守」の上に積み上げていくのが大前提で、「守」を飛ばして応用の段階である「破」に進もうとしてもうまくいきません。  

努力してるのになかなか上達しないというのは、「守破」の順番が間違っているケースがほとんどです。

 我流でやってしまったり、「守」を中途半端なままで次に進んでしまうというのは、一見近道に見えてもトータルで考えるととても遠回りです。

間違いに気づいたとき、その間違っている技術を一度身体から消し、再度正しい技術を身に付けなければならないからです。
パデル テニス スカッシュ 大井町 スポル
「離」に到達した分かりやすい例としては、イチローやマッケンローやフェデラー、パデルでいうとファン・マルティン・ディアス。

この境地に達した選手達は皆とても魅力的なので、つい真似をしたくなります。

守の段階にいる人がこういった選手を見るとつい、「こんなつまらない基本練習より、あんな風にカッコよく打てる練習がしたい」という衝動に駆られます。

この誘惑に負けて守をすっぽかしてしまう人は途中で必ず勝てなくなります。

なぜなら基本をすっぽかしてしまったがために、プレーのどこかに致命的な穴が空いているからです。

強い選手は必ずその穴を見つけ、突いてきます。


私の言葉ではピンとこない方も多いかと思うので、この「守」の大切さや誘惑に打ち勝つ方法を知りたい方は「ベストキッド」(1984年)という映画を観てみてください。

若い方は知らないと思いますが、「守」の大切さが上手に描かれています。

話は逸れますが、アラフォー世代の男性のほとんどは一度はあの「鶴の構え」をしたことがあるかと思います笑


パデルがうまくなりたい貴方。

パデルにおける「ワックス掛け」や「ペンキ塗り」を地道に続けていきましょう。

ダニエルのように自分がいつの間にか強くなっていることに気がつきますよ。

このページのトップヘ