日本パデルアカデミー

テニスとスカッシュのハイブリットスポーツ、パデル。 パデルは40年ほど前にスペインで生まれたスポーツで、欧州や南米を中心に親しまれており、本場スペインではテニス人口を上回る競技人口をもつ人気スポーツとなっています。 「パデルが上手になりたい」という方のお役に立てれば幸いです。

タグ:ラケット

パデル テニス スカッシュ 大井町 スポル
テニス時代、面白いことを言うジュニアがいました。

その子は関東ジュニア出場経験もある上手な子でしたが、あるとき、

「テニスより勉強のほうが楽しい。勉強は努力した分だけ結果がついてくるけど 、テニスは頑張っても結果がついてこないことのほうが多いから」

と親御さんに漏らしていたことがあったそうです。

このとき、そういう捉え方も確かにあるなと感心したのと同時に、私はなぜ思わなかったのだろうと考えてみました。(勉強で結果が出なかったのは置いておいてw)

すぐ答えは出ました。

それはテニスをやること自体が楽しいからです。

結果が出ようが出まいが問答無用で楽しい。

でも勉強は、良い点数が取れたときこそ嬉しいものの、机に向き合っている時間はまったく楽しくなく、ファミコンでドラキー倒してるほうがよっぽど楽しかった。


結果が出るからやる、結果を出すためにやるというのも一つの考え方ですが、テニスもパデルも本来はゲームを楽しむものです。

Gameをスペイン語に訳すとJuego、juegoを日本語に訳すと「遊び」とか「試合」と出てきます。

Playに至っては「遊んで楽しむ」と出てきます。

辞書の言う通り、パデルやテニス含め、本来スポーツは「試合を(遊びながら)楽しむ」ものだと思います。

ではなんで遊んだり楽しんだりするものに努力が要るかといえば、これまたファミコンのようなゲームと一緒で、素手では倒せない相手が出てくるから武器を探したり、ただのキックでは倒せない相手が出てくるから必殺技を覚えようとするわけです。


私はパデルでもっともっと遊びたいし、もっともっと楽しみたい。

いつかクッパや竜王を倒しに行きたい。

だから今より良い武器を探したり、今より良い必殺技を覚えようと思います。

¡Quiero jugar más!
 

パデル テニス スカッシュ 大井町 スポル

今から10年以上前の話になりますが、2004年というと皆さんは何を思い浮かべますか。

ヨン様やマツケンサンバを思い出す人がほとんどかと思いますが、私は17歳でウィンブルドン初優勝を果たしたシャラポワを思い浮かべます。


 ちょうどその頃恩師と話す機会があり、

「なんでシャラポワが素晴らしいと言われているか分かる?」

と聞かれ、 答えに窮していると、

「“素晴らしい”と“すごい”の違いは分かる?」 

と畳み掛けられ、 一休さん状態になりました。

あばれはっちゃくばりに逆立ちもしてみようかと思いましたが、はっちゃけそうもなかったので素直に分かりませんと答えると、シャラポワの幼少時代からウィンブルドン優勝に至るまでの道のりを教えてくれました。

シャラポワやお父さんの決断や苦労や積み重ねてきているものを知っているからこそ、ウィンブルドンの観客は素晴らしいと褒め称えてくれるんだよ、と教えてくれました。

だからもしあなたが今いきなりウィンブルドンに出場出来たとしても、「すごい」とは言われるかもしれないけど、「素晴らしい」とは言われないよね、とも言われました。

当時は「すごいと言われるだけでも十分すごいんじゃないの?」と思い(笑)、いまいちピンときていませんでしたが、時が経つにつれこの「素晴らしい」の意味が分かってきました。

最近ふとこの話を思い出し、すごいと言われているうちはまだまだで、いつか素晴らしいと言われるような選手や指導者になっていたい。

そうなるために少しづつでもいいから日々積み重ねていくことが大事なんだと再認識しました。

パデル テニス スカッシュ 大井町 スポル

11月3日に所沢フットサル&パデルコートで開催されていた「JPT 所沢大会 第3ステージ」で清立商工所属のAsier Gago Martinez選手と組んで、第1・2ステージに続き優勝することが出来ました。

これで彼と組んで通算9大会目の優勝、そして去年の10月から続く連続優勝は8大会目で、連続試合勝利数は30(通算34)となりました。

数字を意識するメリットもデメリットもありますが、今はメリットのほうを強く感じています。

Asierと組んで勝ち取った34の勝利という事実と経験は、私たちのチームにとても大きな自信を与えてくれています。

二人の力が上手く噛み合わさったことで得た勝利もあれば、噛み合わない中でも勝ち取った勝利もあります。

こういった経験を重ねていくことで見えてくることや気づくことの多さを実感していますが、一つはっきりしているのは私たちはもっともっと強くなれる可能性があるということ。

個人的には技術にも体力にも精神にも頭脳にもまだまだ改善の余地があり、「ここをこうしたい」「こうならないようにしたい」ことがいくつもあります。

いかに脳から「正しく指令するか」ということと、それを何回繰り返すかということなので、結局は研究と反復練習が欠かせないわけで、要はやるかやらないかだけなのですが。
パデル テニス スカッシュ 大井町 スポル
20代前半の若い選手が台頭してきているなか、相手と戦うだけでも大変なのですが、私は自分の身体とも戦わなければならない年齢になりつつあります。

ここ数大会ベストなコンディションで試合に臨めていません。

ケガしない身体作りが中長期的な課題です。

そのためにまずはファンタやコーラをやめ、いろはすにしようと思います。
パデル テニス スカッシュ 大井町 スポル
そして同じぐらい意識しようと思っているのが精神。

自分の思っているようにコントロールしたい。

これも日々の習慣で改善出来ると思っているので頑張りたい。


今後はランキングや大会で優勝することも多少は意識しますが、それよりも自分の目指すパデルがコート上で表現出来るよう努力していきたいと思います。
パデル テニス スカッシュ 大井町 スポル
そして今大会は女子が鈴木薫・鈴木智美ペアの初優勝で幕を閉じました。

二人は千葉を拠点にして練習しています。

おめでとうございます!


また今大会もJPTオープン大会初出場の選手もいました。

少しづつですが裾野が広がってきています。

この勢いのままパデルも私も2020年まで成長していきたいと思います。

待ってろ、Campeonato Mundial de Pádel 2020!
パデル テニス スカッシュ 大井町 スポル

最後になったけど、Asier gracias,¡Somos el equipo!


※本文中の写真は同大会に出場していた平野俊輔選手にお借りしました。ナイスな写真を撮ってもらいたい方は是非平野カメラマンまでお声がけください^^

このページのトップヘ