日本パデルアカデミー

テニスとスカッシュのハイブリットスポーツ、パデル。 パデルは40年ほど前にスペインで生まれたスポーツで、欧州や南米を中心に親しまれており、本場スペインではテニス人口を上回る競技人口をもつ人気スポーツとなっています。 「パデルが上手になりたい」という方のお役に立てれば幸いです。

タグ:ルール

パデル テニス スカッシュ 大井町 スポル

先日この記事で学習には5段階のレベルがあると書きました。


おそらくこの5つの段階で一番悩むのが②と③。

②と③のステージにいる人からすると、④と①のステージにいる人のことが羨ましく感じることがある。(もちろん選手も指導者ももっと良くなろうとしたら悩みは尽きませんので、結局「隣の芝生は青く見える」ということでしかないのですが)


④にいる人のことを羨ましく感じるのはわかるとしても、なぜ①にいる人のことを羨ましく感じることがあるのか。

それは、今の自分にはない自由さ、のびのびさ、プレーする楽しさをそういった人から感じるからだ。

この②や③の壁にぶち当たると、

「こんなにいろんなこと考えながらやらないほうが上手くなるんじゃないかな」
「パデル始めた頃みたいに細かいことなんて考えないで、ただ楽しくやったほうがいいんじゃないのかな」


なんてことが頭の中に浮かんだりします。

ですが残念ながらこれでは上手になりません。(ここでの「上手になる」というのは、出来なかったことが出来るようになる、という意味)

①にいる人達は一見楽しそうにやっていて(実際に本人も楽しい)、しかも最初のうちは試合に勝てたりすることもあり、「あれ?もしかしたら超簡単かも」なんて思ったりすることもあるかもしれない。

でもこういった人は、「なぜ自分がミスするのか」「なぜ今ポイントが取れたのか」「なぜ今の試合に勝てたのか」といったことが分からない。

ビギナーズラックに近いものがあります。

パデル テニス スカッシュ 大井町 スポル
一方④にいる人達はそういった②や③の過程を過去に通って現在に至っています。

おそらく過去に、今②や③の段階で悩んでいる人と同じ経験をしているはず。

実際私もテニス時代にグリップで悩みに悩んでいた時期があり、悩み過ぎたストレスなのか、練習中全身に蕁麻疹が出て、一緒に練習していた後輩にそのまま病院に連れて行ってもらった経験もあります 笑

やめるのももったいない、かといって先も全然見えない。

私も何度もこのような思いをしました。

自暴自棄になり、スクールウォーズの最初の頃の大助にもなりかけました。

ではなぜそんな思いをしてまで練習するのか。
パデル テニス スカッシュ 大井町 スポル
それはそのほうが「楽しい」からです。

着せ替え人形で遊ぶとき、洋服やアイテムがたくさんあったほうが楽しいですよね。

それと同じで、ストロークしか出来ないより、レボテやドブレパレッドが出来たほうがより楽しい。

私はスポーツは、「より楽しむために、(練習で)悩み苦しむ」ものなのかなと感じます。

裸のリカちゃん人形だけ持っていても楽しくない。

風呂上がりのリカちゃん、という設定でしか遊べません。

このリカちゃんにはどんな洋服を着せると映えるんだろう?
デートのときの洋服は何にしよう?

なんて考えながら遊ぶのが楽しいはず。

まだまだ日本では「裸のパデル人形」ばかりです。

そこにレボテという名の洋服や、バンデッハという名のドレスを着せていきましょう。

そして着せ替え人形遊びに終わりがないように、パデルにも終わりがありません。


さあ貴方だけのパデル人形を作り上げていきましょう!




・・・最後のほう気持ち悪いなぁ 笑

パデル テニス スカッシュ 大井町 スポル

「練習」と「トレーニング」、この二つの言葉に対して皆さんはどんなイメージをお持ちですか。

スポーツ科学の視点では、脳や神経を改善させる働きかけを練習と呼び、筋力や呼吸機能等の向上を図る働きかけをトレーニングと呼ぶそうです。

例えばパデルでは、レボテやバンデッハといった技術的な向上を目指してやるものが練習で、レボテの低い姿勢を維持出来るようスクワットで下半身を鍛えるのがトレーニング。


質問です。

関連性のあるもの同士を線で結んでみてください。

        練習                         継続

トレーニング                   閃き


トレーニングをやっている方ならお分かりだと思いますが、トレーニングを始めた次の日にフランク・メドラノにはなれないのはよくお分かりだと思います。

テニスをやっていた方なら経験がある方もいるかと思いますが、全然返せなかった速いボールがひょんなことから打ち返せるようになった、ずっと勝てなかった人にいつの間にか勝てるようになった、こういったことが過去に一度か二度はあったかと思います。

何が言いたいかというと、トレーニングは「ローマは一日にして成らず」の精神で向き合う必要があり、練習は「一休さんやあばれはっちゃく」の精神で向き合う必要があるということです。

もうお分かりだと思いますが、スポーツ科学的には、

練習↔︎閃き
トレーニング↔︎継続

が正解だそうです。
パデル テニス スカッシュ 大井町 スポル
これを考えていくと、少し残酷な言い方になりますが、少し練習しただけで閃く人もいれば、何年やっても閃かない人もいるということです。

トレーニングは蓄積していくものですが、(技術)練習は練習量がそのまま蓄積されていくわけではない。(一度コツを掴んでからは別です)

でもいつ閃くか分からないということは、

「もう何年も練習してるのに出来ないんだからきっとこれからも出来ないだろう」

ではなく、

「もしかしたら明日の練習で閃くかもしれない」

気休めではなく、こう思うほうが自然です。

そして上手にやるコツが閃いたら、それをコンスタントに、そしてそれが無意識に出来るようになるまで練習を続けます。

結局上手な人もそうでない人も「練習」が必要なわけです。


明日の練習で閃くかもしれない。

もっと言えば、今日の練習の最後の一球で閃くかもしれない。

そう考えたらとてもワクワクしませんか。

練習することが、そしてボールを打つこと自体がとても楽しいものに変わります。


これを考えていてふと浮かんだ言葉がありました。

鴨川会長の言っていたことはこれだったんだなと。

パデル テニス スカッシュ 大井町 スポル

パデル テニス スカッシュ スペイン スポル品川大井町
パデルは「テニスとスカッシュを掛け合わせたハイブリッドスポーツ」ですから、テニスやパデルの知識だけでなく、スカッシュの知識や経験もあったほうがヒントや発見がありそうです。

・・・がしかしスカッシュは、テニスやパデルよりおそらくバドミントンの要素が多く入っているようなスポーツに感じます。

スカッシュはテニスよりバドミントンに近く、パデルはスカッシュよりテニスに近い。

技術の中の、特にラケットワークに関しては特にそうで、それにはボールの重量や反発係数、ラケットの重量や反発係数が大きく関係しているのだと思います。

個人的な感覚ですが、スカッシュは「バドミントン8:テニス2」、パデルは「テニス5:スカッシュ3:卓球1:バドミントン1」のようなイメージがあります。

昔スカッシュをしたことがありますが、テニスの経験や技術で「ごまかせる」のはたかが知れていて、ある程度のレベルでプレーをしようと思ったら、当然ですがスカッシュの「ちゃんとした技術」が必要になります。

私にとってはスカッシュの(大きなテークバックを必要とする)ラケットワークと、テニスにはあまりないフットワークがとても難しく感じました。


さて、私はどんなスポーツでもルール・コート・用具を考慮してプレーしないと上達は望めないと考えています。

というよりそれを無視してプレーしたら、そのスポーツでもなんでもなくなってしまいますからね 笑

公園でボール遊びしてるのと同じことになってしまいます。

ボール(シャトル)が飛ぶ・飛ばない
ラケットが軽い・重い
ラケットに反発力がある・ない
コートが広い・狭い
コートに壁がある・ない
ワンバウンドさせてからの返球があり・なし
etc…

これらの要素がそのスポーツの特徴を作り出し、効果的な技術や戦術を生み、必要とされる身体的要素などが決まると思っています。
パデル テニス スカッシュ 大井町 スポル
コートの大きさを例にとると、ざっくりですが自陣コートの大きさは、

バドミントン 縦6m横5m
スカッシュ  縦10m横6.5m
テニス 縦12m横8m
パデル 縦10m横10m 
 
 です。

コートの大きさだけ見るとパデルはテニスに近い感じがします。

ですがパデルにはシングルスがありません。(あるにはあるが普及していない) 

逆にスカッシュはシングルスしかありません。(ダブルスもあるにはあるが普及していない)

テニス(やバドミントン)はシングルス・ダブルス両方あり、どちらかというとシングルスがメイン(バドミントンは分かりません)で、テニスプレーヤーでダブルスしかやったことがありませんという人はほとんどいないように思います。(もちろん競技レベルによります)

となると、例えばテニスプレーヤーであればシングルスをプレーするための技術やコートの広さなどが体に染みついているはずです。
パデル テニス スカッシュ 大井町 スポル
一方パデルにはシングルスがない。

ということは基本的にはコートをペアと半面ずつ守ればよく、そうすると自分が守る横の守備範囲はだいたい5m。

そしてディフェンス時に立つことが多いサービスライン付近から後ろの壁までは3mで、サービスラインからネットまでは7m。

 スカッシュは縦が10mですが、選手が立つ基本のポジションはコート中央付近の「T」と呼ばれるところで、そこから後ろの壁までは約4mです。


 こう見ていくといろいろ分かってきます。 

フットワークに関してはスカッシュのほうが近そうです。


スカッシュのどこを真似てどこを真似てはいけないのか。

テニスのどこを真似てどこを真似てはいけないのか。



まとめます。

モハメド・アリが「蝶のように舞い、蜂のように刺す」なら、

パデルは、

「スカッシュのように動き、テニスのように打つ」

です。


でももう少し正確に言うなら、

「テニスの動きもあるにはあるけど基本的にはスカッシュ(やバドミントン)のように動き、コートの大きさ・壁・ラケットやボールの反発力を考慮しつつ、テニスに近いけど実はけっこう違う打ち方なんだよなーということを頭で反芻しながらテニスのように打つ」

です 笑

このページのトップヘ