日本パデルアカデミー

「パデルが上手になりたい」という方のお役に立てれば幸いです。

タグ:レッスン

パデル テニス スカッシュ 大井町 スポル
テニスの本は今までのテニス本にはあまりない切り口で興味深かった。

トレーナーの方にとっては当たり前であったり必須かと思いますが、選手やコーチも知っておいたほうがいいことがたくさんありました。

僕は短腓骨筋(足裏から腓腹筋につながっている筋肉)が弱いようで、特に左足の短腓骨筋が弱く、年明けにトレーニングを始めたばかりの頃はサイドランジが正しく行えませんでした。

面白いもので、名称が分かり、部位が分かり、正しく鍛える方法が分かるとちゃんと筋肉は発達します。

自分の身体が変わる楽しさ、作る楽しさが少しだけわかるようになりました。

もしかしたら盆栽とかと近いものがあるのかもしれません。

時間をかけて変化と成長を楽しむ。

いつかサンオイルをたっぷり塗りたくったおじいちゃんボディビルダーになってるかも⁈


水谷準の本はこれで2冊目ですが、空気を読まない感じ、本音な感じ、いいです。

かっこいい言葉の連続で、とても参考になります。



試合で勝つために最も大切なことは練習の質であり、戦術と技術

始めたばかりの人や、試合で凡ミスを減らしたいレベルの選手は規則的な練習が有効

自分が取れないようなボールが送られてきたとき、それを喜びに感じるような意識を持つべき

選手としての最終目標は、試合中に無意識に身体が反応すること。才能で身体が反応するわけではなく、訓練によって身体は反応するようになる

頭を使わないから4時間も5時間も練習が出来る

試合に負けて課題が見つかることはあってもバネにはならない

「強気」と「無茶」は違う

メンタルに必要なのは技術。メンタルが強くても技術がなければ試合に勝てない

パデル テニス スカッシュ 大井町 スポル

レッスン中時折、ラリーしている相手に対して「あーごめん、バックに打っちゃった」というセリフを耳にします。

これはテニスのときもありましたが、おそらく「ふつう」のラリーでは苦手なところやバックに打たない、というのが暗黙の了解としてあるのでしょう。

これでは強くなれません。

選手であれば水谷選手の言うように、「私の苦手なバックにたくさん打ってきてくれてありがとう。おかげでバックがたくさん練習出来る」という意識を持つべきです。

海外の選手はこういう部分を持っていると水谷選手も言っていますが、よく分かります。

私もスペインに行った際感じましたが、向こうの選手は私がレボテが出来ないとかそんなのお構いなしにガンガン打ってきます。

自分のことしか考えていないのか、私の苦手なところに打ってくれているのか 笑

でも一方で私の良いショットでやられると、Bienと言ってくれます。

これに慣れると日本での練習のほうが違和感を感じました。

なので日本では可能な限り私が打ちにくいボールを打ってくれ、と練習相手にお願いするようになりました。


テニスでもパデルでも、(暗黙の了解で)相手の苦手なところには打たない、良いショットを打たれてやられた人は相手を褒めるどころか「なんでそんなショット打つんだよ」顔をする人は少なくありません。

何を目的に練習しているのかにもよりますが、少なくとも選手であれば前者の意識が必要です。


スペインで感じた、あの良い緊張感のある練習環境を日本にも根付かせたいなと思います。

パデル 大井町 コート レッスン スポル

「パデルって楽しいですよね」

パデルを始めて以来、本当によく聞かれる。

パデルは楽しい、本当に楽しい。

この楽しさが多くの人に伝わってくれているのを目の当たりにすると、本当に嬉しい。


でもふと考えることがある。

今目の前の人が言っている「楽しい」と、私の感じている「楽しい」は一緒なのだろうか。

これはテニスのときから時折感じていたことで、安易に「そうですね」と答えていいのかどうか躊躇するような時期もあった。

今は、私がパデルと出会った頃に感じていた「楽しさ」を、今この目の前の方も感じているのだろうと想像し、そうですね、楽しいですよねと答えている。


さて、タイトルにあるワインだが私はまったく飲まない。

美味しさがわからないので飲みたいとも思わない。

こう言うと、「それは美味しいワインを飲んでないからだよ」と必ず言われるが、私に言わせればミニッツメイドのグレープ味のほうがよっぽどブドウを感じれて美味しい。

ワイン通の人を見ていると、産地や年代、一緒に食べる食事等にこだわりがあり、側からその光景を眺めていて私にはとても「楽しそう」に映る。

逆にその人たちからすると、私はワインを全然「楽しんでいない」ように映っているのだろう。

ワイン通は赤・白、ぶどうの種類、産地、年代などによって味の違いなどを楽しむという。

私はそういったものを十把一からげにして「ワイン」としか認識していない。
パデル 大井町 コート レッスン スポル
なぜこんな話をしたかというと、パデルやテニスでもこれと同様のことが起こるからだ。

パデルはプレーするうえで技術的な容易さがアドバンテージとなり、老若男女多くの人が楽しめるスポーツである。

テニス経験者ならすぐに、そうでない人でもある程度プレーすれば楽しめる。

(壁を利用せず)相手コートに返すだけなら人によってはその日のうちに、しかもそれだけでも十分楽しい。

でも壁を利用できるようになるともっと楽しい。

バンデッハなどのパデル特有のショットも出来るようになるともっともっと楽しい。

そしてパデルの戦略や戦術なども理解し、実践出来るようになると更に楽しさが増す。


テニスの時代からそうでしたが、私はテニスやパデル含めスポーツというのは、「出来ること・知っていることが増えれば増えるほど楽しみが増え(そして勝て)る」と感じています。

「でもそんないろんなこと出来なくても知らなくてもパデルは楽しい」という意見も分かりますし、実際そういった一面もあると思います。

私のワインと同様、こういった人たちのパデルもパデルであり、こういった人たちの「楽しい」も本当に楽しいのだと思う。

が、やはりそれはパデル(スポーツ)の一面しか見ていないように思います。

山口百恵の言うようにさよならにも向こう側があるのですから、パデルやテニスにも「向こう側」があり、そこには深みのある「楽しさ」が待っています。

ただ、そこに到達するには何度も何度も反復して各技術を習得、そしてそのスポーツを理解するという過程が欠かせません。

そんなの面倒くさいし、そもそもパデルにそんなことまで求めてないよ、という方も多いと思います。

私もワイン通の方に、「葡萄の向こう側を知ったほうがいいよ」と言われたら大きなお世話だと感じますから。

だから強要は出来ませんが、 簡単に楽しめるパデルにも 奥深さがあると教えてくれたのはあなたでした といつか言われてみたい。

私もいつかワインを嗜む日が来るのではないかと思っていますが、こうしてファンタグレープを飲みながら記事を書いているうちはまだまだ遠いなと思います。

大井町 パデル001 テニス スカッシュ

いよいよオープンまであと2週間を切りました!


スポル パデル001


都内2か所目のパデル施設!

パデル&フットサル 晴れのち晴れに続き、今年オープンのパデル施設はパデル001で2か所目。

来年は何か所出来るんでしょう!!?


パデル、確実にキテますね。

大井町で、波乗り。

大井町で、パデル。

大井町で、パデルという波に乗る。

皆さんのお越しをお待ちしてます!


このページのトップヘ