日本パデルアカデミー

「パデルが上手になりたい」という方のお役に立てれば幸いです。

タグ:世界大会

アシエル 庄山 JPT 千葉 パデル

2018年度のJPT(ジャパンパデルツアー)がおととい開幕しました。

関東の初戦は千葉。

パデル&フットサル 晴れのち晴れさんにて開催されました。

結果はなんとか優勝することが出来ました。

砂なし人工芝で1日4試合はまあまあしんどかった。

ただ全選手同じ環境ですから言い訳は出来ません。

これに耐えれるだけの身体作りも継続しなければいけないなと思いました。


自分のことはさておき、今大会で感じたことを少し。

表彰式でも少し話しましたが、男女共にレベルアップがすさまじい。

去年のJPTが始まったのが2017年5月20日。

ちょうど一年前です。

去年はレボテで返せたら「おぉ~」となり、ドブレパレッドなんてしようものなら歓声が上がっていましたが、昨日はドブレパレッドやターンで返球しても誰も驚かなくなりました。

周りの皆がそれらが出来るようになり、それだけでは誰も驚かなくなったということです。

もしかしたら数年後「もっとも短期間で競技力が向上した日本のパデル」ということでギネスに申請してもいいんではないでしょうかw

少し前になりますが、シンクロナイズドスイミングの日本代表とスペイン代表の練習に臨む姿勢の違いがテレビで取り上げられていて、その中で、

「シンクロの練習に向かう姿勢がまったく日本やアメリカの選手と違う。例えば時間にしても9時から泳ぐからと言われたら、9時に誰もプールにいないし、9時にプールに向かう気持ちで車を運転していればいいって言う感覚」

とか、

「日本風に合わせるとなると毎日細かいところを合わせたりする。同じところを何回も何回も忍耐力を使ってまたその次の日何回もやって、それは絶対に出来ない、スペイン人は。絶対出来ない」

というスペイン代表のコーチになった日本人コーチのセリフをふと思い出しました。

もしかしたら今の日本のパデルも勤勉、真面目、反復を嫌わない、忍耐、というキーワードがレベルアップにプラスに働いているのかなと思いました。

ここにスペインの自由奔放さや情熱的な部分が加わったら、日本からかなり強い選手が生まれる可能性があるなと勝手にニヤニヤしています。
アシエル 庄山 JPT 千葉 パデル

さて、先に発表されていたWorld Padel Championships2018の男子代表に続き、女子代表も発表されました。

1. Miki Chinen(C)
2. Ayano Fujiki
3. Sayaka Yoshimoto
4. Mizuki Takita
5. Keiko Minami 
6. Ai Taira
7. Kuniko Takeguchi 
8. Kozue Nakashima

私自身も女子代表のコーチを任されましたので、微力ながらも最大限日本の勝利に向けてサポートしていきたいと思っています。


目標は、

「男女でアジア予選を突破し、10月にパラグアイで開催される本戦に出場しベスト8、そして南米やヨーロッパなどのパデル強豪国に日本のパデルをアピールすること」

です。

予選突破したら、もしかしたら泣いてしまうかもしれないぐらい選手たちは真剣です。

そしてこのタイミングで今週、スペインからパデルを知り尽くしているマキシとニコという素晴らしいコーチ二人が来日するというのも何か良い巡り合わせのような気がしています。

Vamos Padel Japones!!

パデル テニス スカッシュ スペイン ラケット

5月23~27日にかけて、ニコとマキシが日本に来ます!

この二人はテニスで言うと、ニコは元フェドカップ監督で現ジュニアナショナルチームの監督、マキシは現役プロのツアーコーチです。

私のパデルの8割はこの二人で出来ています。

2016・2017スペイン研修

二人とも普及や指導にとても情熱のあるコーチです。

二人から上達のためのヒントをたくさんもらってください。

パデル テニス スカッシュ スペイン ラケット

このページのトップヘ