日本パデルアカデミー

テニスとスカッシュのハイブリットスポーツ、パデル。 パデルは40年ほど前にスペインで生まれたスポーツで、欧州や南米を中心に親しまれており、本場スペインではテニス人口を上回る競技人口をもつ人気スポーツとなっています。 「パデルが上手になりたい」という方のお役に立てれば幸いです。

タグ:世界選手権

パデル テニス スポーツビジネス最強の教科書 大井町 スポル

学生の頃から「教科書」という響きに嫌悪感を抱いていますので、読もうか読むまいか迷っていましたが、結果読んでとても参考になりました。


「ヤンキースが新しくスタジアムを建設した際、座席数を減らした理由」

とか、

「チームの成績と人件費は相関関係にあるという研究結果があり、選手や指導者といった才能への人件費支出を増加させることは、チームの勝率を上げるために十分なだけでなく必要な条件」

であるとか、

「勝利とは単に勝つことだけでなく、勝利を最後まで求めること、勝利を追求するプロセスで多くのものを得られることを含む。勝利という目的を達成するために理念に基づいた強化や管理といった手段が重要」

とか、読んでいて相づちの鉄則、「はひふへほ」が思わず出るぐらい勉強になりました。


それと、文中に「アルゼンチンと日本は国民の平均身長が変わらない」という一文があり、となるとパデル最強国の呼び声高いアルゼンチンに日本も近づけるのではという気持ちになりました。

ただサッカーなどではかなり実力に差があることを考えると、体格などのスケール効果以外の何か(環境や脳)が違うんだと考えます。

最近この「脳」にとても興味があります。

パデルに限らず、「たくさん練習して身体に覚えこませなきゃ!」というセリフはテニスでもよく耳にします。

ですが「筋肉には記憶能力がない」ので、正確にはこの場合の身体の部位は「脳」ということになります。

だからただひたすら練習するより、何かを意識して脳に覚えこませる必要があります。

自分自身でも脳にいろいろな情報や刺激を与えたら、まだ良い変化が起きそうな気がしています。
パデル テニス スカッシュ 大井町 スポル
他にも、

「日本のピッチャーは膝を曲げ、ボールを前に移動させる(並進運動)距離を確保するが、アメリカは膝を伸ばし肩の移動スピード(反動)を高める」

動作の中で求めているのは前者はコントロールで、後者はスピード。

もちろん全員が全員ではないが、こういう傾向があるそう。

そして日本にはオーバースロー、スリークォーター、サイドスロー、アンダースローなど投げ方が多数あるが、アメリカではそれほどない。

これは、日本が「バッターが打ちにくくする」ことを主体に考え、アメリカは「スピードで抑える」ことを主体に考えているからだそう。

これでいうと私の思考も日本寄りです。

1998年に38年振りに日本一に輝いたベイスターズを牽引した選手の一人、大魔神こと佐々木主浩投手はストレートとフォークのほぼ2球種で勝負し、4年連続最優秀救援投手となっています。

なぜ二種類しかないのに打たれないのか。

個人的にはこの部分をパデルでも追及していきたいなと思っています。

もしかしたらBelaもこの部分が長けているのかもなんて勝手に想像しています。
パデル テニス スカッシュ 大井町 スポル
少し逸れましたが、先ほど出た複数あるピッチャーの投げ方も、体幹の傾きが異なるだけで脚の出し方、肩から先のムチ動作、スナップ動作などはほとんど同じである、とあります。

これはパデルでも同様で、remate、liftado、viboraこれらのショットも体幹の傾きが異なるだけで、脚の出し方、肩から先のムチ動作、スナップ動作などはほとんど同じです。

パデルにはテニスにはないパデル特有のショットがいくつもありますが、各ショットは「腕を屈伸させるか」「反動をつけるか」「ムチ動作を入れるか」で大別することが出来ます。

こうして枝葉の部分ではなく、幹の部分の理解があると間違いが少ないように思います。
パデル テニス スカッシュ 大井町 スポル
「家で素振りしたほうがいいですか」
「コート借りてたくさん練習しないとダメですよね」


これもよく聞かれます。

これに対する回答を以下第4章-「打つ」-から抜粋します。

「素振りで理想とする動作が出来ないのに、何度も(素振りの)練習をすることは、習字で下手な見本を見て何度も練習するのと同じで、効率が悪いどころか、変な癖がついてしまう。まず素振りで目標とする動作を習得すること」


「努力すること」が大事なのではなく、「正しい努力をすること」が大事ということですね。

パデル テニス スカッシュ 大井町 スポル

先日大阪のくにじまパデルコートに行ってきました。

パデルコーディネーター「ミキティ」主催のイベントに声を掛けていただき、約一年半振りにピンクのコートでレッスンしてきました。

疲れたけど疲れ方が清々しい、そんな充実した大阪遠征でした。

レッスンイベントはありがたいことにすべて満員御礼、最終日の大学対抗戦も24名もの若い子たちがパデルしてました。
パデル テニス スカッシュ 大井町 スポル
パデル テニス スカッシュ 大井町 スポル
この対抗戦前日、テニスの強豪、相生学院の選手らとパデルもしてきました。
パデル テニス スカッシュ 大井町 スポル
彼女達のボレーの威力、精度、美しさにはつい目がいっちゃいます。

練習途中、彼女達が突然テニスのフォームでストロークラリーをやり始め、そのフォームを見たときはさすがに少しだけテニスが恋しくなりました 笑

本人はもちろん、彼女達と向き合った指導者の努力を想像し、ちょっと感動しました。

何年後になるかわかりませんが、パデルでもこういった感情が芽生えるような状態にしたいです。


さて昨年一昨年と、パデル協会主催の関西コーチングイベントでNicoやMaxiたちと関西方面に来させていただいたときは滞在期間が数時間という短さでしたが、今回はずっとくにじまに滞在ということでいろいろ見えてくるものや感じるものがありました。

全体を通して一番感じたのは、関西方面の多くの方がいろいろな意味で「飢えている」ということ。

パデルを練習することに飢えている
パデルを学ぶことに飢えている
パデルが上手になることに飢えている
パデルを普及させることに飢えている

どれもある程度答えは出ている。

出ているんだけど理想と現実の間に挟まれてなかなか解決しきれない。

でもみんな諦めず腐らずパデルを続けている。

ニワトリが先か卵が先か。

尻馬に乗るのか、退路を断つのか。

二兎を追う者は一兎をも得ずになるかもしれないし、もしかしたら二兎を追って二兎得られるかもしれない。

どちらが正しかったかは数年先にわかる。

どちらにしてもその数年後に「あっちにしておけばよかった」と後悔しない選択をしたい。

・・・独り言です。
パデル テニス スカッシュ 大井町 スポル
関東と関西、パデル愛好家の共通点もあれば相違点もありました。

共通点は先ほども言いましたが、パデルをしたい・学びたい・上達したいという思いは関東と同じかそれ以上のものがあるように感じました。

違うのは、まだまだパデルコートが少ないと言えども、練習環境と練習相手を探すということに関しては関東のほうがまだ恵まれているように思います。

他には、関東では比較的パデルに関する最低限の技術や戦術がある程度まんべんなく浸透しているのに対し、関西ではそれらがまだまだかなりまばらです。

それが原因なのか、少ないパデル人口の中でレベルの違いが出てきて、自分と同じレベルの人と練習する機会が減る。

こうしてパデルが(上達)出来る環境(コート)と相手がいないことで、練習しに行くモチベーションを保つのが難しかったり、普段の生活からパデルが遠のいてしまう人がいるようです。

嬉しいことに今回私が行くことで数か月振り、一年振りぐらいにパデルコートに来てくださった方が何人かいらっしゃいました。

また、2レッスン続けて受講していただいたり、二日続けて来てくださったり、中には会社を早退して三日続けて来てくださった方もいらっしゃいました。

こういったことは本当にコーチ冥利に尽きることであり、自分自身の新たな活力になります。

初夏にまた来ます、と宣言してしまったので必ず行けるようにします。
パデル テニス スカッシュ 大井町 スポル
そして今回はタイミング的に二週間ほど前にパデル日本代表の発表があり、アジアカップの前ということもあって、女子日本A代表の西村選手・沓名選手、B代表の上原選手、男子日本B代表の松尾選手・塩田選手・小林選手らと一緒に練習することが出来ました。
パデル テニス スカッシュ 大井町 スポル
パデル テニス スカッシュ 大井町 スポル
パデル テニス スカッシュ 大井町 スポル
来年に向けて今後もこういった関西方面での代表練習を継続して行なっていくことは、普及・強化両面で意味のあるものだと思いますので、今年一年定期的に行なっていけたらと思います。


パデル テニス スカッシュ 大井町 スポル
そして今回もいろいろな方にサポートしていただきました。

写真のLaole所属の松尾コーチ、そしてくにじまパデルコート所属の安藤コーチと山下コーチにはオンコートでサポートしていただきました。

清立商工さんからはスポーツドリンクと軽食を提供していただきました。

また、今回の大阪遠征を快諾してくださったパデルワンの金子支配人、パデル東京の木村支配人、Nexusスポーツ事業部のみんな、そして大阪に行っている間レッスンを代わっていただいた長谷川コーチ、瀧田コーチ、日置コーチありがとうございました。

大坂で僕が食べたタコ焼きが美味しかった話をお土産として持っていきます。


そしてミキティ。

本当に本当にお疲れ様でした、お世話になりました、ありがとう!

ミキティのパデル界での活動は、巷で話題のスーパーボランティア尾畠さん以上のものがあると私は思っています。

これからも水代わりにビールを飲みながらパデルについて語りましょう。

パデル テニス スカッシュ 世界選手権 日本代表
6/9‐10にかけ、オーストラリアのゴールドコーストにあるKDV SPORTにて行なわれていたWorld Padel Championships2018 アジア・オセアニア予選ですが、オーストラリアに対し1勝5敗という結果になり、予選敗退が確定しました。

代表選手の一員として、またキャプテンとしてとても悔しく、残念で、申し訳ない気持ちでいっぱいです。

ただ限られた時間と環境と資源の中で各選手自分がやれることはやったと確信しています。

もちろん「たられば」がないわけではないですが、今大会を終えてみてこのメンバーで戦えて本当に良かったなと思いますし、「また2年後このメンバーで戦いたい」という気持ちも選手の間に芽生えました。
パデル テニス スカッシュ 世界選手権 日本代表
約一か月前に正式に代表メンバーに選ばれ、「世界選手権」「国別対抗戦」「日本代表選手」「日本代表チーム」という言葉を背負うことになり、それなりに意識はしてきましたが予選が近づいてくるにつれナーバスになっている自分がいました。

予選数日前、知人に「今日はやけに突っかかってくる」と指摘され、そこで初めてすでに戦闘モードに入っていることに気づきました。

出発間近になって選手間でかなり激しいディスカッションもありました。

どれもこれも「勝ちたい」という気持ちが抑えきれなくなってのことだったんだと思います。

こうした経験ももちろん初めてで、2年後に活かせる貴重な経験となりました。

今思うのは、このプレッシャーをなくそうとするのではなく、また考えないようにするのでもなく、正面からきちんと向き合い、そのプレッシャーをある程度背負ったまま良いプレーをする方法を自分なりに見つけるほうがいいなと思いました。
パデル テニス スカッシュ 世界選手権 日本代表
そして個人戦とは違う団体戦の難しさも痛感しました。

ゲームを落とせば取得ゲーム数に響く。

セットを落とせば取得セット数に響く。

自分が負けるということは勝敗数に響く。

こんな当たり前のことがボディブローのように後々響いてくる。

個人戦であれば「このゲームは捨てよう」「このセットは捨てよう」という考えも場合によってはありますし、仮にそれによって負けたとしても自分が敗退するだけで済みます。

ですが団体戦ではそうはいかず、こういった「内側での葛藤」とも戦う必要が出てきます。

簡単に言うと「いつもの自分のパターン」通りにプレーが出来なくなるということです。

これらに加え、自チームのペアの組み合わせ、サイドの選択、オーダーの順番、相手のオーダーの予想などをし、誰と誰が組んだらいちばんシナジー効果を生み出せるか、どことどこが対戦すれば相手の戦力を落とせるかを考える必要が出てきます。
パデル テニス スカッシュ 世界選手権 日本代表
1勝2敗で迎えた1日目の夜のミーティングは、ゆうに4時間を超えました。

次の日の朝も予定より1時間半早くコートに着き、組む可能性のあるすべてのペアを試してみました。

結果だけ見ると1勝5敗ですが、我々が狙っていた「二日目全勝」して4勝2敗まであと一歩だったことは選手全員が感じています。

私心をなくして「日本チームがどうやったら勝てるのか」にのみ焦点を合わせたあのミーティングは私にとってとても充実した貴重な時間でした。
パデル テニス スカッシュ 世界選手権 日本代表
ここからは少し試合の内容について書きたいと思います。

負けた日本チームと勝ったオーストラリアチーム、最終的に何がいちばん違ったか。

それは一言で言えばミスの数です。

明らかに日本チームのほうがミスが多い。

反対に綺麗なポイントやスーパーショット、パデルらしいショットは日本のほうが圧倒的に多い。

「パデルではこうやってポイントを取るんですよ」というお手本のようなポイントの取り方は日本のほうが多く、オーストラリアは最後がアンガールズのジャンガジャンガのようなポイントの取り方が多かった。

具体的にはカウンターアタックの精度がかなり違った。

他にもチキータやロブの精度、間の詰め方や伸ばし方が一枚上手だった。

そして、ポイントを取られ始めたり、こちらが何かを変えたときの素早い戦術の変更や、相手にプレッシャーがかかるゲームなどでの圧力の掛け方は敵ながら見事だなと思った。

これらのことは付け焼刃では出来ないので、おそらく普段からそういったことを想定した練習や習慣があるのだと思う。

一部を除き、まだまだ日本ではテニスチックなスピードボールで勝負するパデルプレーヤーが多いが、世界を舞台に戦い、世界でも勝利するということを考えた場合、スピードだけでは勝てないことを今回出場したメンバーは全員理解しました。
パデル テニス スカッシュ 世界選手権 日本代表
2年後に代表入りを目指している選手は、まず国内でこの6人に勝つ必要があります。

この6人にはもはやスピード勝負は通じません。

テニスではなくパデルをして勝つ必要があります。

仮に万が一テニス力でこの6人に勝ったとしても、確実に世界では勝てません。

その証拠に、予選二日目の戦略として「テニス力で押してみる」というプランも考慮してプレーしたもののオーストラリアに負けたからです。

ボレーやスマッシュ、ストロークなどは客観的に見て日本チームが上回っていました。

テニスでもスピードを上げるとショットの確率は落ちますが、効果は保たれます。

ですがパデルの場合、確率も落ちる上に効果も落ちる。

今回の6人はテニスも出来てパデルも出来る(私はもうテニスは出来ません笑)のでこういった戦略を考えましたが、結果としては通じませんでした。

今の日本の現状はテニス対パデルの構図が多く、本当に世界で勝とうと思ったら高いレベルで「パデル対パデル」の切磋琢磨が必要で、そのためには日本全体のパデルの底上げが必要です。

まだまだ普及段階にある日本のパデルですが、アジア・オセアニアのトップ、もしくは世界に食い込むことを考えたらもう一方でこういったことも考えていかないといけないと思います。
パデル テニス スカッシュ 世界選手権 日本代表
ここからは個人的な思いになりますが、今回生まれて初めて「日本を代表して海外の選手と戦う」ということを経験して、2年後もう一度この同じ舞台に立ちたいという思いが強くなりました。

2年後は44歳。

もうとっくにバカボンのパパの年齢を超えています。

自分の身体との闘いや、若い有望なプレーヤーの台頭など乗り越えていかなければいけないものはたくさんありますが、まだまだ頑張りたいと思いました。

そして今大会で再認識したことは、この歳になっても自分は負けず嫌いだということ。

負けた直後に笑顔は作れない。

作りたくない。

そんなことより負けたくない。

選手、コーチ、いい歳したおじさん、この3つのスイッチを上手に切り替えながら2年間過ごしていきたいと思います。

個人的に足りないことややれるようになりたいことなどが明確になったので、それを一つずつつぶしていって、2年後オーストラリアに圧勝したいと思います。
パデル テニス スカッシュ 世界選手権 日本代表
もしかしたらこの思いはこのおじさんも同じかもしれない。

日本チームの平均年齢を大幅に上げたおじさん二人。
パデル テニス スカッシュ 世界選手権 日本代表
慣れない海外製の食洗器とサランラップと格闘するおじさん二人。



食事と海外のことなら何でもお任せ、えいちゃん&ジャック。
パデル テニス スカッシュ 世界選手権 日本代表

パデル テニス スカッシュ 世界選手権 日本代表

パデル テニス スカッシュ 世界選手権 日本代表
村澤君には本当に助けられました。

オーストラリアからの遠隔操作、現地での運転、通訳などなど。

もし私だけが運転していたらラウンドアバウトを永遠に回り続けていたことでしょう。

えいちゃんの食に対するこだわりは夕食と朝食時に威力を発揮。

スーパーでの買い物は、「えいちゃんが手にしたものは間違いない」という信頼が生まれていました。


パデル テニス スカッシュ 世界選手権 日本代表

パデル テニス スカッシュ 世界選手権 日本代表
オーストラリアチームと会うなり髪型をイジられる、愛されキャラの原田君。

誠実なのかチャラいのか、判断に迷う原田君。

今回もしかしたらいちばんプレッシャーを感じていたかもしれない原田君。

プレーも髪型も一番カッコ良かったです。

関西方面の選手は彼を目標にして頑張ってください。


パデル テニス スカッシュ 世界選手権 日本代表

パデル テニス スカッシュ 世界選手権 日本代表
イジられることでチームの雰囲気が良くなる奇跡のムードメーカー、富田一輝。

日本一「when the night」が上手い男、富田一輝。

予選二日目のガッツポーズ、最高にカッコ良かったです。

2年後、確実に日本の中心選手の一人になる男です。



パデル テニス スカッシュ 世界選手権 日本代表
予選が開催された二日間、最初から最後まで応援していただいた皆さん。

応援していただいた上に差し入れまでいただき、本当にありがとうございます。

皆さんがいなければ日本の応援は選手のみ。

日本陣営に居てもらうだけで心強かったです。

皆さんの応援はコートで戦っているとき、目にも耳にも入っていました。

それなのに残念な結果になってすみません。

今回は時間がなくパデル出来ませんでしたが、またオーストラリアに行く機会や日本にいらっしゃる機会があれば是非パデルご一緒しましょう。


パデル テニス スカッシュ 世界選手権 日本代表
今回色々とアテンド頂いたオーストラリアパデル協会のMatt会長。

Thank you,Matt.

彼も46歳で代表選手に選ばれています。

僕もボールは遅いほうですが、彼はさらに遅い。

動画で見るより、コート横で見るより、実際にプレーするとよりその遅さが分かります。

今週末女子オーストラリア代表と一緒に来日するらしいので、時間があれば「打ったボールに先にハエが止まったほうが勝ち勝負」したいと思っています。
パデル テニス スカッシュ 世界選手権 日本代表
ユニフォームの交換もしました。

これで今回の悔しさを忘れずに済みますw

ブーメランはオーストラリアからのプレゼントで、日本からはお返しに高野氏が用意してくれていた扇子をプレゼントしました。

パデル テニス スカッシュ 世界選手権 日本代表
最後になりましたが、改めて協賛企業の株式会社mediba様、株式会社Nexus様、WINDSOR RACKET SHOP様、Padel Asia様、RICCOMO様、本当にありがとうございました。

良い結果報告が出来ず大変申し訳ありません。

でも本当にこのような貴重な経験が出来、大変感謝しております。

この経験を今後の「パデル日本代表」となる選手に受け継いでいきたいと思っていますので、これからもよろしくお願いいたします。




本当に最後になりましたが、選手の皆さん短い間だったけど本当に頼もしかったし楽しかった、ありがとう。

負けた直後に「すみません」の一言の後、涙を流して悔しがるみんなの姿は忘れません。

キャプテンらしいことは「ベッドじゃんけん」と「係決めじゃんけん」での器の大きさぐらいしか見せられなかったけど、キャプテンが要らないぐらい良いチームでした。

本当に2年後この6人でまた戦えるよう、各々実力を積み上げていこう。

Thank you drive!

このページのトップヘ